「169番:「蒙古タンメン中本」新宿店(新宿駅、西武新宿駅)」
東京都新宿区西新宿7-8-11 美笠ビルB1F
TEL:03-3363-3321
営業:10:00〜24:00/金・土10:00〜26:00
無休


激辛好きの登竜門、「蒙古タンメン中本」で北極ラーメンにチャレンジしてきました。そんなに腹は減っていなかったんですが、新宿には意外と来る機会が少ないので、ラーメン一杯くらいなら食べられる空き容量と判断し、せっかくの機会を活かすことに。

自分はそもそも激辛好きとか激辛に強いと思っていたわけじゃありませんが、自分の食べられる限界ギリギリまで辛くして食べる癖がついていたので、そこそこ辛さに強いというだけなんですよ。ただ、一般人の平均値に比べ平均的に辛さに強いはずのカレー好きの皆さんの中でも、かなり辛さに強いほうだと築かされましたし、まわりもそう評価してくれてますw。となるとカレーではありませんが、激辛好きとしてはここを避けては通れません。

土曜日の夜とあってか、かなり混んでます。寒いので店内に10人以上並んでるんですね。新たに食券を買う人、またカウンターで食べている人が食べているものの四分の一くらいは、一番から北極ラーメンみたいなんですよ。北極ラーメンって、そんなに簡単に食えちゃうのか?



僕の北極ラーメンです。当然店では一番辛いメニューで、基本は750円。それにゆでタマゴ50円をトッピングしました。

まず油が多い。最上層を5ミリ以上の厚さで覆ってます。これはスープを飲み干す際の障害になりそうです。麺を食べるときに油を避けるのではなく、むしろ麺を食べるときにできるだけスープと油を一緒に腹に放り込まなきゃいけません。
 
スープを飲むと、そこそこ美味いですね。でも、辛い! かなりの唐辛子がぶちこんでありますから、辛さがガツンと響きます。なんとか麺とスープを同時に食べるように努力しましたが麺を食べ終わった時点でもかなりのスープの量です。相変わらずの油の浮き具合。スープだけ飲もうとがんばりますが、もう腹いっぱいなんですよ。もともと胃の容量はそれほど空いていなかったので。普通のラーメンのスープであれば、無理して食べられない量ではないのですが、かなりの激辛ですから胃が悲鳴を上げてます。残念ながらギブアップ!

激辛料理を食べる場合、かなり胃に負担がかかります。しかも舌が激辛の痛みに耐えているときに、胃が悲鳴を上げてしまうと脳は万歳しちゃうみたいですね。脳に負担をかけないように、舌の痛みを我慢するのに集中できるように、万全の体制を整えてチャレンジしなきゃならないと、あらためて認識しました。なめちゃいけませんよね。ごちそうさま!!



この印度丼、美味しそうですよね。今度はこれをいただきに来ます。
【2008/02/03 23:28 】
| その他激辛料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「115番:「らーめん むつみ屋」池尻店(池尻大橋駅)」
東京都世田谷区池尻3丁目4-1
TEL:03-5779-8765
営業:11:00〜28:00
無休


飲んだあとは、そば? ラーメン? いや、カレーでしょう。札幌のススキノでは飲んだあとの「札幌ラーメン」の地位を、スープカレーが侵しはじめてまいしたね。札幌では、スープカレーは普通のカレーのライバルではなく、ラーメンのライバルだったのかもしれません。今は、ますます夜遅くまで営業しているスープカレー店が増えてるようですので、ラーメンの立場ともしかしたら逆転してるかもしれません。

前置きが長いですが、飲んだあとにカレーを食べようと思うと、僕の選択肢としては渋谷のサムラートかスパイスガーデン。遅くまでやってます。しかし、平日はカレー断ちときめてます。月曜日に「うどん」に行ってしまいましたが、その二日後に再び禁を破れません。そんな時、目に付いてしまった看板。

  「火炎」


一応食べ物のメニューの名前です。これは激辛好きの心の琴線に触れるいいネーミングです。背中を後ろから押されるように「むつみ屋」に入りました。ここならカレーじゃないですしw。

むつみ屋は北海道の札幌近くの月形町というところでうまれたラーメン屋で、比較的最近の札幌ラーメン店としてはオーソドックスな味を出しているところ。なので、北海道内ではライバルが多いためか、早くから本州に積極的に進出してるようです。改めてWEBサイトを見てみると、北海道内の店が減り、本州でかなり増えてます。他のブランドでのラーメン店、ジンギスカン専門店、餃子専門店、火鍋専門店、居酒屋、ドンブリ専門店など、多業態への進出もしていて、びっくり。

そんな風に手を広げていくグループなので、既存店も常に新しいメニューを出して飽きられないようにして業績低下を防ごうとやっきなのでしょう。



辛さは3段階のようです。「炎」「火炎」「獄炎」。もちろん「獄炎」で「飲んだあとなのでとんこつではなく正油にしました。



食べてみると、確かに辛いですが、「獄」って感じもしませんでした。ちょっと辛い醤油ラーメン。あまりコクも感じられず、辛さ以外のラーメンとしての完成度は正直「?」ですが、他の700円台の通常メニューに比べると若干安いのと酔っていたので許します。ごちそうさま!!

激辛ブームがあるとすれば、それに乗っかったメニューを作るのもありですが、激辛好き人口はおそらく人口1万人に5人くらいだと思うので、中本から客を奪うくらいの突出したものがないと、1日に数食売れて終わりになっちゃうんじゃないでしょうか。
【2007/11/14 23:23 】
| その他激辛料理 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム|