「185番:「インド食堂 アンジュナ」(高幡不動駅)」
東京都日野市高幡3-7 ユニバースビル101
TEL:042-593-3590
営業:11:30〜14:30 17:00〜22:00 ?
水曜定休(年末年始・春期・夏期休業あり)


多摩シリーズです。八王子のあとは、当然多摩動物園?。アジャンタ出身のシェフが本格的なインド料理を食べさせてくれる「アンジュナ」に行ってきました。



冬の夕方の動物園。久しぶりにサイを見ました。



これが、アンジュナ。高幡不動駅のすぐ前です。あのアジャンタ出身のシェフが開いている店ということで、非常に期待が持てます。



まずは、パパドゥから。 


続く・・・

















【2008/02/24 23:05 】
| 南インド料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「183番:「南印度ダイニング」(中野駅、新井薬師前駅)」
東京都中野区新井1-23-23
TEL:03-3388-0373
営業:11:30〜15:00 17:30〜23:00
月曜定休(祝日の場合は翌日振替)


curryvaderさんの呼びかけで、「南印度ダイニング」に行ってきました。場所は中野駅北口で降りて中野ブロードウェイを抜け、新井薬師商店街にあります。強風吹き荒れ、電車も乱れまくる中、集まったのは他にイナコさん、USHIZOさん、かぷさん、かりんさん、さきちゃんさん、samuraiさん、ノリさん、はぴいさん、ピエ〜ルさん、RAKUさんです。RAKUさんとは初対面。ノリさんはほとんど料理がで終わったラスト30分の参加でしたw。



店内はマックスで20人くらいしか入れそうもありません。こじんまりとしたアットホームな感じのお店。



お通しのパパドゥをつまみます。



ラッサム。写真がピンボケですが。このラッサム、酸味といいスパイシー感といい、おそらくニンニクの辛味といい、旨みが凝縮した適度なトロミといい、最高でした。今まで飲んだラッサム(そんなに飲んでませんが)で、一番美味いで。これとご飯があれば、もう十分という感じ。



ワダ。表面は豆の粒がそのままです。香ばしくて美味しいですね。



パコラは衣の味もちょうど良くて、これだけでご飯が進みそう。



マライティッカ。ジューシーなチキン、これも美味い。



フィシュティッカ。魚はスズキだそうです。「ヤマハ」「ホンダ」「カワサキ」?誰ですそんなオヤジギャグを飛ばすのはw。みんなオヤジですね。



ピンボケですが、お店の新メニューの「マトンチリ炒め」。ピーマン、パプリカなどの野菜と一緒にマトンと唐辛子が炒められてます。チリ以外のスパイスもたくさん使っているようで、これ、普通にカレーといえますね。これとご飯で十分な感じです。



マトンの食えないsamuraiさんがひそかに注文していた模様の、マトンンチリ炒めのマトン抜き、野菜とキノコのチリ炒めですか。肉が入っていなくても美味しいですね。



さて、マサラドーサです。



中も撮っちゃいます。これが、ほんと美味いです。ドーサ自体も美味いのですが、ベイガンのサンバル、これが美味いんですよ。けっこうコクがあって。これとご飯とで普通にナスカレーとしていただいて十分な感じです。



このあたりから写真とメニューの対応が怪しくなりますw。これたぶんチーズナンだと思います。



ココナッツナン。初めて食べたと思いますが、けっこういけますね。



キーマナン。キーマな挟まっているようですが、何かわかりませんが甘いものも挟まっているみたいです。

南インド料理店なんですが、ナンも美味しいですね。



ビリアニです。野菜とチキンを注文したようですが、これが野菜の方。美味いです。チキンビリアニは写真は撮れませんでしたが、比べると肉の旨みが出ている分だけチキンビリアニの方がより深い味で美味しかったですね。



ここからカレーラッシュ。チキンキーマ。これは皆さん絶賛でしたね。確かに今まで食べたキーマの中では最高の部類かも。



うーん、チキンキーマの直後に運ばれてきたカレーを撮ったつもりですが、何のカレーでしょう?(日替わりのチキンとカリフラワーのカレーと判明しましたw)



これはエビカレーココナッツ。マイルドで美味しかったです。エビの旨みも出ているのか、ココナッツが入っているのにかかわらず、スプーンがとまりません。



これはミックス野菜カレー。美味しいと思いますw。



これはダール豆カレー。これも皆さん絶賛。ダールカレーでこんなに美味しいの初めてです。



なぜか南インド料理店でスィーツの嵐w。チョコアイスの表面にカカオパウダーがついてるものですが、けっこう美味いんですよ、これが。



まるごと苺アイス。苺の真ん中はくりぬいて練乳が入ってます。凍ってるので最初は歯が立たなく大変でしたが、インド料理のデザートとしてはさわやかでアリですね!



最後にチャイです。1m弱落とすのも見せてくれました。どちらで飲むのが正しいのかという話になりましたが、口の広いほうで飲むとスパイスの香りが広がりやすいので、そちらが正解らしいです。勉強になりました。

いやぁ、どれもハズレのない料理で、最高でしたね。北インド料理に比べると南インド料理はヘルシーだとの評判ですが、こんなに量食ったら同じですねw。味付けがけっこう柔らかいし意外とこってりした感じもあって、また食べたいと思う料理ばかりです。ごちそうさま!!!!!

ご一緒していただいた方々どうもありがとう、です。
【2008/02/23 23:35 】
| 南インド料理 | コメント(8) | トラックバック(3) |
「176番:「カーナ・ピーナ」(祐天寺駅)」
東京都目黒区祐天寺2-17-9
TEL:03-3710-5483
営業11:45〜15:00 17:00〜23:00(土日祝は通し)
月曜定休


激辛カレーを出してくれるインド料理店として定評のある「カーナピーナ」に行ってきました。 今回は辛党おやじさんの激辛挑戦を、samuraiさんと一緒に見届けることとなりましたw。 最近仕事が忙しく、というか先の見えない状況が常態化しており、平日は何時に切り上げることができるか分からない状況です。夕方、やっとそれほど残業せずとも帰れそうな雰囲気になりましたが、いざ出ようと思っても電話やメールやで足止めを食らわされます。でも十数分遅れで店に着くことができました。

しかし、辛党さんとsamuraiさんという「辛党」二人です。10分ちょっとあれば、十分ビール一杯終わってましたw。それにしても、店は祐天寺駅の商店街のハズレのほうにあるのですが、午後8時近くになっても満席状態。収容最大28名の店を調理は1名、ホール1名で回してますので、注文をとりに来てもらうのも大変だし、料理が出てくるのも時間がかかります。それでもどのお客もいらいらすることなく待ってますから、よほど美味しいんでしょうね。期待が高まります。



さて、最初に持ってきてもらったのは、ラッサムです。このラッサム、ほとんど酸味は感じずあまりトマトっぽくありません。 初めての味です。



一方スプーンですくってみてわかるとおり、クミンやマスタードシードなどスパイスがごっそり入っており、かなりスパイシーです。 



さて、カレーを注文しましょうか。メニューを見てびっくりするのが値段のばらつきの幅です。日本人に人気のあるチキンやマトンは580円。ディナーでですよ! 安い! 一方でこれもまた一般的なメニューのキーマは1,000円も(それでも量を考えたら安いかも)。一番高いのはベジタブル1,180円。普通の店ならだいたい同じ料金で並びそうなチキン・マトン・キーマ・ベジタブルが倍半分ですよ。どうやって値段つけているのか、みんな安いマトンやチキンを食べたら赤字にならないのか、疑問・心配のタネは尽きませんw。

普通サイズと半量サイズの値段の違いも不思議です。普通に対して半量が8割程度の値段です。本当に半量だとしたら、高すぎます。この値段の秘密は・・・。



さて辛さです。 メニューには3つあります。しかし、裏メニューに、ベリーホット、スペシャルホットがあるんです。ノーマルのメニューの辛さでもかなり辛いらしく、店としてはあまり出したくないもよう。確かに残されちゃ嫌ですもんね。なんとかテレビチャンピオンの名前を出さなくてもしぶしぶ受けてくれましたよw。



僕が注文したのはエビのベリーホット。780円。



エビのアップです。かなりの辛さです。レベル8は行っているのではないでしょうか。エチオピアの70倍をすでに超えてます。量もけっこうなものです。実は辛くて味は半分以下しかわかりません。美味しいのか美味しくないのかわかりませんw。



samuraiさんは、カキで1,000。辛さは通常メニューにあるホット。これでもかなり辛いですよ。



辛党さんはカリフラワーとベーコン1,050円をスペシャルホットで。当然標準サイズです。すごい盛ですし、すでに液体の名残を残しておらず、十分な固さを持っているのが見ただけでわかりますw。一口だけ味見させてもらいましたが・・・唐辛子の塊ですね。



僕は何とか完食しました。ただ、ここのカレーは調子に乗って辛くするとかなりやばいですから、セミホットぐらいでじっくり味わうべきですね。旨辛の範囲を超えていました。 ごちそうさま!!



さて、せっかくなので、いろんな味を楽しむために半量サイズでチキンサグ(570円)を注文してましたが、運ばれてきてびっくり。今にも溢れそうです。



手前の普通サイズと比較すると、確かに皿は一回り小さいのですが、半量サイズ用の器でナミナミといれているのと、普通サイズ用の器に9分目くらいにいれているのと比べたら、あまり差がないのです。samuraiさんと共同で、両者の内容量の精密な測定を実施したところ、半量サイズは普通サイズの9割ほどの量があることが判明しましたww。これで、半量サイズの値段が普通サイズの8割位だという値段の秘密がわかりました。こりゃ、半量サイズ注文するしかないですよw。おそらく常連さんはそういうことを知っていて、半量サイズで注文するんじゃないかなぁ。



さて、辛党さんはどうでしょうか。さすが激辛通選手権チャンピオン、日本の激辛の第一人者です。余裕で完食か・・・なんとギブアップ宣言です。敗者の弁は本人の記事でw。弁護しておきますと、ビール飲み過ぎですw。ビールでアレほど満腹にしていなければ間食できたはずです。満腹中枢が働くと、脳が激辛物を受け入れなくなるようで、それは僕は北極ラーメンの失敗で学びました。

一時的に辛党の名を返上しても、すぐにリベンジして再びチャンピオンとしての威厳を取り戻してください。それまでの間は「幸党さん」と呼ばせていただきますw



【2008/02/15 22:11 】
| 南インド料理 | コメント(0) | トラックバック(1) |
「159番:「ダルマサーガラ」東銀座駅」
東京都中央区銀座4-14-6 ギンザエイトビル2F
TEL:03-3545-5588
営業:平日11:30〜14:00 17:30〜21:30(LO)
   土日祝12:00〜15:00 17:30〜21:00(LO)
無休(年末年始のみ休業)


とても評判がいいので、お得なランチタイムに「ダルマサーガラ」に行ってきました。もちろん、目指すはミールスです。



平日のランチタイムミールスは3グレードです。まずはレギュラーミールス1,200円。内容はラッサム、ポリヤル(野菜のスパイス炒め)、サラダ、ライス、プーリー、パパド、アチャールに、カレーを小さな器で2または大きな器で1。次にスペシャルミールスは1,400円で、レギュラーミールスとの差は、カレーが大きな器で2になることと、ライスのお変わりが1回無料に。一番高いのがダルマサーガラミールスで1,700百円。スペシャルとの差は、サイドディッシュが一皿追加でサモサ・ワダ・マサラワダ・チキンフライから1品選べることと、ホットこーティーまたはチャイのドリンクがつくこと。



僕は、カレーが足りなくならないように、中間のスペシャルミールスにしました。また、この日のカレーは、チキン、マトン、キーマ、野菜、日替わりのナスチリカレー、同じく日替わりのエビカレーの6種類の中から選びます。僕はマトンとエビをチョイス。



さて、ミールスが運ばれてきました。熱いので手で食べるのはまたの機会にして、スプーンを使って少しずつ混ぜながらいただきました。写真の手前の黄色いのが、エビのカレー。その右がマトンのカレー。時計の3時方向がラッサムで、これが小さい器なんですね。レギュラーミールスだとこの小さい器でカレーが二つ。やはり物足りないですね。

黄色いエビカレーは、マイルドで、小さいながらプリプリのエビも美味しかったです。マトンは、ランチのミールス用のカレーでしょうが、スイパーシーでそこそこコクもあります。それらをライスに混ぜながら、ラッサムやジャガイモの入ったポリヤルも加えて食べ進みました。混ぜると混ぜ方、ブレンド具合によっていろんな味になるので、混ぜ混ぜ推奨のインドカレーは、遠慮せずいろいろと混ぜてみるもんですね。最後にはカレーが若干あまり気味で、不足気味なばかりに欲求不満になる、ということもなく、とても美味しくいただきました。まぁ、できればライタがあって欲しいですね。それがあると1.5倍くらい楽しめたんでしょうね。

この味でこの価格。美味しさを考えると、安いですね。コストパフォーマンスは最高部類でしょう。ライタがない分だけ割引ですが、満足度9割くらいです。ディナーのミールを試してみたいですね。ごちそうさま!!!!
【2008/01/22 22:36 】
| 南インド料理 | コメント(0) | トラックバック(1) |
「148番:「コッチュケララム」(練馬駅)」
東京都練馬区豊玉北5-8-16
TEL:03-3948-3773
営業:11:00〜15:00 17:00〜23:00
火曜定休


あのカレーエロガーのピエ〜ルさんが、週に3度は通ってしまう店。行った人はみな絶賛する「コッチュケララム」にやっと行くことができました。ピエールさんに連れて行けとせがんでいたかいがあり、トリコさんとお友達が食べるところにピエールさんと二人で乱入することができました。ほんとはもっと早く行く機会はあったのですが、声をかけてくれても間の悪い僕は、みすみす機会を逃していたのでした。

それにしても今晩は冷えます。なんてクソ寒いんでしょうか。風がなきゃまだいいんですが、冷えてなおかつ風が体温を奪う。そんな寒い夜ですから、早くお店に入って暖かいラッサムを飲んでまずは身体を温めたいじゃないですか。少しでも早く店にいけるように、待ち合わせ時間の10分前に到着して、皆さんに迷惑をかけないように・・・してたんですが。僕とピエールさんは時間前に着いて待っていたんですが、トリコさんとゆずさんは姿を現さず。まさか・・・東武東上線に乗って東武練馬駅で降りてませんか?通勤準急に乗って大泉学園駅に行ってしまってませんか? 嫌な予感的中です。大泉学園駅一つ手前の石神井公園駅まで逝ってしまわれておりました。まぁ、練馬区役所がある練馬区の中心地で、都営大江戸線との乗り継ぎ駅であるにもかかわらず、通勤準急や急行を止めない西武もどうかしているかと思いますが、ちゃんと電車を調べて来いと、寒い中で30分も待たされたピエールさんは言ってました。



身体は心から冷え切ってますから、駅から10分近くも歩くのも非常につらかったのですが、ようやく着いた店は、聞いてた通りほんとに小さい!四人がけのテーブルと奥に二人がけのテーブルのみ。カウンターがありますが、二人座れるだけ。店の規模だけをみると、基本はテイクアウトで、店内で食べようと思えば食べれますというふうに見えます。



さて、冷えた身体には冷えたビール。マハラジャから行きましょうか。



冷えたビールで冷えすぎた身体には、ラッサムスープ。小さい器に四人分頼みました。さて、このラッサム、今まで飲んだどのラッサムよりスパイシーで、身体が温まりましたよ! これでビールが進みます。



そして羊嫌いのピエールさんも一押しの、 マトンペッパーマサラ。マトンの臭みはありません。柔らかくてスパイシーで、一緒に炒めた野菜のコクが味わい深い。ほんと、うまい! ビールが進みます。



続いては、インド料理界に新たな新風を巻き起こしたという、オリジナリティ溢れる料理、
キャベツロール・ガーリックソースです。なんとスパイシーなキーマをキャベツで巻いてます。



これが断面。普通のロールキャベツじゃありませんよ。キーマですよ。しかもソースもガーリック風味のトマト味です。ビールが進みます。



続いては、オクラフライ。あの、オクラが揚げられてます。正直初めてですが、オクラって揚げるとほとんど水分が飛んでしまって小さくなっちゃうんですね。オクラが干からびてます。しかし、口に入れて噛むと、あのオクラのネバネバ感がよみがえってくるんですよね。なるほど、オクラはどんなことしてもオクラだと言うことがよくわかりました。ビールが進みます。



そろそろカレーも食べたいですよね。まずは、季節のカレーです。冬瓜と黒豆のカリー。冬瓜ってあまり食べたことがないですが、カレーがしみていて美味しいじゃないですか。僕は豆のカレーは味がぼけるのが多いのであまり好んでは食べませんが、これはそんなことないですね。ビールが進みます。



次なるは、マラバールチキンカリー。チキンが美味しいですね。しかもトマトの酸味もさわやか。ビールが進みます。



さて、やはり粉物・ご飯物欠かせませんね。まずは、イチジクナン。これが、ちょうど良い甘さ。これだけでもお菓子感覚で食べれるし、カレーと一緒にも食べれる、ちょうど良いバランスでした。ビールが進みます。



メニューには載っていませんでしたが、新開発、フィッシュビリアーニ。魚のビリアニは初めてですが、美味しいじゃないですか。それにしてもビリアニって美味いですね。毎日ビリアニ食いたい! ビールが進みます。



ビリアニを食べた後には、当然デザートです? カブリナンです。ここのナンは評判どおり美味しいですね。ビールが進みます。



デザートはまだまだ続きます。黒ゴマアーモンドナン。ゴマとナンって合いますね。ビールが進みます。



一緒に付いてきたのは、ココナツチャツネ。ほのかに甘くて酸味もあって、これだけ舐めても美味しいですし、ナンにつけても美味しいです。ビールが進みます。



最後は、ゆったりとチャイをいただきましょう。スパイシーなマサラの香りで鼻腔を埋めて、お腹も一杯で心地よい時間です。

さて、今日は大好きな肉系タンドール焼メニューは食べませんでしたが、ナンは前評判どおり美味しいですね。シェフもナンには自信ありです。それは炭火のタンドールがあるから。シェフに頼んでタンドールの中を覗かせてもらいました。



写真では紫色になっちゃってますが、炭の火が赤く見えました。意外とコンパクトなタンドールに思えました。これはインドから持ち込んだそうで、同じものを日本で買うと40万円以上もするそうです。

いやぁ、ほんとに美味しかったです。トリコさんとお友達、ピエールさん、どうもありがとう。また一緒に行きましょう。ごちそうさま!!!!

このあと、帰りはすごく寒かったです。


※ ピエ〜ルさんの記事です
【2008/01/14 00:54 】
| 南インド料理 | コメント(2) | トラックバック(0) |
「52番:「ニルワナム」(神谷町駅)」
過去記事 2
過去記事 1 ←店情報あり

今日は朝から雨が降ってます。気持ちも重くなります。こんな冬の雨の日は、いっそのこと人気のない海にいくなんていいんじゃないでしょうか。仕事、サボれるものならそうしたいところ。でもできないから、かわりに何をしようか・・・。

そう、雨の日はどうしても外に出るのが億劫になるものです。もちろん昼休みもそう。外食に行く人が減り、社食や出前や近くのコンビニの弁当で済ませる人が増えます。すなわちいつも混んでるレストランが比較的空く日なんですね。それじゃ、ニルワナムに行って見ましょう。

アタリです! いつもは何人も並んでいて、着席するまで10分くらい待たなきゃならないのに、誰も並んでいないどころか、席も空いてるから待ち時間ゼロで、席につきます。



1回目。マトンカレーとチキンカレー、パロタに鶏肉と野菜の炒め物など。マトンが少し薄くて物足りないですが、名前は忘れましたがチキンと野菜のチリ傷めは、とても美味しかったですね。



2回目。ラッサムスープと豆のカレーと野菜のカレー。どれも美味しい。3回目はこのカレーの組み合わせに1回目のチキンと野菜の炒め物をおかわりしました。もう腹いっぱいです。

今回は、1回目にはあったビリヤニと野菜のカレーを期待していましたが、どちらもなくて残念。次回に期待です。ごちそうさま!!!
【2007/12/13 22:43 】
| 南インド料理 | コメント(0) | トラックバック(1) |
「52番:「ニルワナム」(神谷町駅)」
過去記事 1 ←店情報あり

インドカレーのランチバイキングの中で、おそらく最も美味しい店の一つであると思います。再食してきました。

店に着いたのは12時15分くらい。入り口のドアの前にもうすでに並んで待っていました。ただ、会計を済ませ出て行く客の動きが活発になりそうな雰囲気なのでじきに入れるだろうことはわかったので気持ちは余裕です。

結果的に7、8分で入れましたが、僕らのあとにはすでに10人くらいは待ってます。人気がありますね。

さて、早速料理を取りに行くと、軽い驚き。前回来たときと全くといっていいほど違う料理が並んでるんですよ。今までいくつもインド料理バイキングの店に行きましたし、その中で一度きりじゃなく複数回訪れた店もあります。でもほとんどは毎回ほぼ同じ料理が並んでるし、たとえば4種類あるカレーのうち一つが前回と違う、程度の変化。しかしここはまるで違う店?というくらい違いましたね。

前回来て感激したビリアニ。今回はありません。ポロタはたぶん前回もあったでしょうか。サンバルも同じですね。前回あったドライな野菜カレー。あれすごく美味しかったんですが、今回はなし。かわりに前回なかったマトンカレー、今回はこれが一番美味しかったですね。あと、マイルドなチキンカレーも今回ありました。カレーじゃなくて、焼き物、炒め物としては、鶏肉の炒め物があり、料理の名前も何が和えてあったかもよくわかりませんが、けっこううまかったですね。これがビリアニのかわりかな?

大きく料理が入れ替わっていましたが、基本的に美味しくて満足度は高いです。一月まえとこれほどメニューが違うってことは、日替わりまたは週替わりでメニューの入れ替えをどんどんしてるんでしょうね。だから、何度きても続けてきても飽きることがないのかもしれません。人気の秘密がわかったような気がします。客層は女性が多いですし。

ごちそうさま!!!!
【2007/09/12 20:50 】
| 南インド料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「52番:「ニルワナム」(神谷町駅)」
東京都港区虎ノ門3-19-7 大手ビル2F
TEL:03-3433-1217 
営業:11:30〜14:00 18:00〜22:00(土曜はディナーのみ)
日・祝日定休


さあ、南インド料理シリーズです。南インド料理の店として、新しいけど評判がよく、しかも僕の大好きなランチバイキングをやってるんです。神谷町駅すぐそばの「ニルワナム」。とうとうやってきました。たあぼうさんもおすすめのようです。

こういう実力のあるお店は、ディナーでしっかり味わうべきなのかもしれませんが、やはり何種類ものカレーを自分の好きなだけ食べ、しかも料金は一定額というランチバイキングの魅力は捨てられません。いつもはそのバイキングは非常に混むそうですが、ちょうどお盆でもありオフィス街のこのお店もさすがに空いているだろうと期待を込めて来てみると、期待は見事に裏切られました。といっても普段よりは空いているかもしれませんね。

会社の同僚5名で行きましたが、5分ほど待って二つのテーブルに分かれて案内されました。今日のメニューはメモしていないので覚えていませんが、ここの大きな特徴は、ライスやナンだけではなくビリヤニがあること!!野菜やスパイスを入れて炊き上げるようなので、カレーチャーハンというよりはカレーピラフという感じなんでしょうか、インディカ米で炊いたそれはとても美味しいんですよ。バイキングメニューにこれがあるだけで、タンドール料理がなくても最高レベルの評価です。



カレーは、割と食べやすくクセがない感じで、今回も「これこそ南インド」というのがはっきりわからなかったんですが、一番美味しかったのは野菜のカレー。けっこうドライで、塩味も効いていて、二度もお変わりしましたよ。

これで1,100円というのはかなり安いですね。ランチバイキングだというのに、手を抜いた感じがしません。ディナーはかなり美味しいんでしょうね。とにかくまた食べに来たい、またランチで来たいと思います。できれば今度行くときも空いてますように。ごちそうさま!!!!!
【2007/08/15 22:38 】
| 南インド料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「50番:「ダバ インディア」(京橋駅)」
東京都中央区八重洲2-7-9相模ビル1F
TEL:03-3272-7160
営業:11:15〜15:00 17:00〜23:00
   土・日・祝12:00〜15:00 17:00〜22:00
無休


さて、4月半ばからブログをつけ始め、4ヶ月目で50軒となりました。3ヵ月半で40軒、ダブりカウントなしですから、月に15軒、週に2軒は行ってます。しかも、同じ店に行ったのは除いてますから、それも加えると少なくとも週3回はカレーの外食をしてるんですね。カロリーとりすぎだし、かかるお金もばかになりませんw。

自分の身体と財布を痛めつつの記念すべき50軒目は、今人気の南インド料理で決めたいと思ってました。そこで南インド料理の大人気店「ダバ インディア」に行ってきました。狙うはランチミールスです。

この日は、仕事に都合をつけて、11時15分の開店に合わせて出撃です。5分前につきましたがすでに入り口の前で待っているグループもいました。僕は3グループ目だったのですが、席について料理が運ばれる頃には、インド料理店にしてはかなり広い店内がほぼ埋まってきてました。ビジネスマン・OLが半分を占めてそうなんですが、あなたたちの会社の昼休みは何時からですかw?。うらやましい限りです。





今日のランチは、「辛口ブラックペッパーマトン」「チキンカレー(ビーナッツソース)」「ラジマ豆とポテト」の3種。辛口、中辛、マイルドと役割分担も出来てます。おそらく毎日このパターンで、辛いのが苦手な人や辛い物好きの人でも選べるメニューがあるようにしているのでしょう。このひとつを選んで「本日のカレー」を注文できるし、ミールスを注文するとこの3つのカレーとサンバル、ラッサムスープがつくのです。ランチミールスがますますお得に見えてきました。



運ばれてきたミールスです。ロイヤルホストで出てきて衝撃を受けたミールスもどきと比べると、ちゃんとしてますw。ちょっと驚いたのがライスがジャポニカ米だったこと。他のブログの紹介や雑誌などではインディカ米だったようなきがするので。ディナー用とランチ用に米を変えているのかもしれませんね。こういうところを考えるとその店の本当の美味しい料理を食べるのにはランチタイムじゃ無理なんでしょうか、とひがんでしまいますわ。

食べてみると、ブラックペッパーマトンは胡椒の辛さが前面に出ていますが美味しかったですね。間違って胡椒のみを噛んでしまい、引きつりましたが。しかし、チキンカレーは今まで食べたことのないような変わった味でびっくり。いったいどんなスパイスを使ったらこんな味になるんだ?これが南インドの真髄か・・・と思いましたよ。でも帰宅してランチメニューを確かめて納得。「ピーナッツ」でしたw。はっきり言ってこんなもの入れるなといいたいw。
サンバルやラッサムスープも美味しかったですね。

結局、南インド料理は来たインド料理と具体的にどんな風に違うのか体感したかったのですが、正直よくわかってません。確かにココナツミルクやヨーグルトを使ったようなカレーはなかったのですが、スパイス使い等の違いも今回はわかりませんでした。それよりもピーナツ味のカレーの違和感が立ってしまってw。もう少し南インドを勉強する必要がありそうです。他の南インド料理、がんばって行ってみますね。

また、今回はミールスというのもあり、カレーを混ぜて食べたりしてみたほうがいいのかと思い、なんと右手で食べるのに挑戦しました! しかし指が熱くてうまく食えませんでした・・・。あれは料理の熱さになれて皮膚が厚くなるまでがんばらなきゃならないでしょうかね〜



マサラチャイを頼んでいる人がいたので僕も注文しました。二つの器を持ってきて、客の目の前で片方の器から片方の器に注ぐのを交互にやってくれます。だんだん注ぐ高さを高くして、最後には1m近くの高さから落としてこぼさずに入れてくれます。よく攪拌するとともに空気に触れさせて冷ますんでしょうか。面白いですね。

ゆったりとランチできてよかったです。ごちそうさま!!!
【2007/08/01 22:37 】
| 南インド料理 | コメント(0) | トラックバック(1) |
「43番:「サムラートドサハウス」(渋谷駅)」
東京都渋谷区宇田川町36-4 豊田ビル1F
TEL:03-3462-8284
営業:11:00〜5:00
無休


サムラートはもともと北インドの料理店のようですが、最近の南インドブームのためでしょうか、南インドメニューも取り入れだしてるようで、しかもそれが店の名前にして明確にメッセージとして出そうとしたんでしょうね。サムラートハウスをリニューアルして「サムラート ドサハウス」として最近オープンしたようです。

ドサというのは「ドーサ」とも呼ばれるようで、米の生地を薄く焼いたクレープみたいなものに具が包んである料理。ここでは「プレーンマサラドサ」と「ラワマサラドサ」があって、スパイシーなジャガイモが入っているという「ラワマサラドサ」の方にしてみました。これをココナッツソースかサンバルにつけて食べるそうです。



パリパリしているドサを割って食べてみましょう。スパイスで炒めたジャガイモとタマネギが入ってます。具だけでも美味しいですね。僕はジャガイモが大好きなので、ホクホクとしたジャガイモはたまりませんわ。でも正直言うと、スパイスで炒めているために芋がまっ黄色なの、一瞬サツマイモかと疑いました。

ソースは、いまいちです。ココナッツソースは、甘くなく、少々塩味がついている感じでした。これをつけても・・・いまいちですね。それならサンバルにつけた方がよっぽど美味しいのですが、もっとスパイシーなソースはないのでしょうか。初めて食べるので、これが本場の味なのか、サムラート風の味付けなのかまったくわかりませんが、これを食べるときは普通のカレーを注文して、ライスかナンの代わりに食すような感じがよいですね。となると相当値が張る料理になってしまい、コストパフォーマンス的にはダメダメですが。

今回は、パリパリした食感で美味しいドサと、それだけで食べたい具がよかったのですが、ソースがいまいちなので普通の評価ですね。ドサは好きになりましたが、ここでは再び食べる機会があるかはわかりません。ごちそうさま!!!
【2007/07/23 23:12 】
| 南インド料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「41番:「ロイヤルホスト」道玄坂店(渋谷駅)」
東京都渋谷区道玄坂2丁目29-8 道玄坂センタービル3F
TEL:03-3462-5681
営業:9:00〜27:00
無休


夏カレーフェアで南インドを前面に出して物議をかもした「ロイヤルホスト」に行ってきましたよ。なんと言ってもカレーブログ界で一時大騒ぎになりましたから。要は、「ファミレスごときが、こんないい加減なメニューで、南インドを騙るなど言語道断!!」という具合だと受け止めました。そういうファン心理があるのは承知ですが、なにより驚いたのが、これほどにカレー好きの間で南インドのカレーが特別な存在で大切に扱われている、という事実です。なぜって僕は南インドのカレーと北インドのカレーって、ほんの数ヶ月前は大きな違いがあることも知りませんでしたし、いまだにどのように違うのか実感として知らないからです。

このままでは、南インドを知らないカレー好きとして、カレーブロガーの皆さんに人としても扱われなくなるんじゃなかろうかとの不安を抑えることはできませんw。いったい南インド料理とはなんぞや!僕の探求の日々が今スタートしました。

それで、最初に行くのが「ロイホ」というのは情けないですが、偽者を知って、後で本物に触れ驚くという展開もありでしょう。





写真で見ると、すごい大きな皿を想像してたのですが、実際に運ばれたのはすごく小さくてびっくりしました。

カレー三種類は、バターシュリンプ、ムガールチキン、カシミールビーフの三つ。バターシュリンプは、バターくさくて、そもそも得意でないカレーなので、評価は×。チキンは普通。ファミレスの限界でしょう。カシミールビープは、デリーのカシミールみたいなファミレスバージョンといった感じです。「なぜビーフなんだ。それでインドを南インドを騙るな」という反応も多かったに思える一番問題になったカリーかもしれませんが、南インドと思わなきゃちょっと塩辛いけどそんなものかな、という感じでした。

最悪は、タンドリーチキン。パサパサでのどに詰まるような、いかにも工場生産料理で、こんなものつけるからファミレスはばかにされるんだよな、という不味いもの。これはもったいないことしました。

パロタというパンは初めてです。でもこれってバターを練りこんだ菓子パンで似たようなのがありましたが、それとほぼ同じで、僕は好きですね。ただインド料理としてカレーと一緒に食べたいかというと、ふさわしくない感じでした。

総じて不味くはないけど美味しいというわけでもなく、でも1,680円と高額です。ファミレスは深夜でも食べられるという利点がありますが、渋谷だったらサムラートハウスみたいな安くて美味しいインド料理店が明け方までやっていますから、インド料理店のない地方の方以外はやめたほうが・・・。ごちそうさま!
【2007/07/18 23:29 】
| 南インド料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム|