「29番:「カレー屋 パク森」渋谷店(神泉駅)」
東京都渋谷区道玄坂2-16-8 ビジネスヴィップ道玄坂坂本ビルB1
TEL:03-3464-9778
営業:11:15〜14:45 16:15〜21:15
月定休(祝日の場合は営業)


パク森」に行ってきましたよ。横濱カレーミュージアムに出店していた有名店だそうです。ここの「パク森カレー」は盛り付けが可愛くて特徴的です。挽肉を載せたドライカレー+カレーソースですから。三軒茶屋の「アジアンソウル」で、ドライカレーの魅力を知ってから、同じようなタイプのドライカレーを出してくれるここに興味を持ってました。今日は渋谷で新店を開拓したく、ここにしました。



メニューを見て意外だったのが、カレーの辛さを選べること。最近こそ辛いものブームが定着して、また辛さを指定するのが標準の札幌スープカレーの文化も徐々に東京に入ってきているせいか、からさ指定のカレー店も増えているかと思いますが、全体からみたら少数派でしょう。パク森もカレー専門店ながら、外見で気を引くパク森カレーのようなメニューを用意するくらいだから、辛さへを求める客のニーズは優先してないと思い込んでました。偏見でしたね。



せっかくだから激辛(+50円)とゆでたまご(+100円)をトッピングして、いよいよカレーが運ばれます。凝った盛り付けですね。さて、まずはドライカレーから一口。辛くないけど、意外とスパイシーでした。ただ、カレーソースをかけて食べる前提のせいか、ドライカレーだけでは味は薄くインパクトが多いりません。一方のカレーソースは、具は入ってませんが、スプーンを差し入れると意外なとろみで、けっこう野菜が溶け込んでる感じです。食べてみると意外や意外スパイス感が強いです。辛さはそこそこですが、甘すぎもせずや再の味も溶け込んでコクも深く、見た目の奇をてらった感じから味軽視の想像してましたが、それはまったく誤解でしっかりした味でした。これなら他のメニューも試してみたくなりますね。ごちそうさま!!!!
【2007/06/30 22:02 】
| オリジナルカレー | コメント(0) | トラックバック(0) |
「番外:社員食堂」
今日の「Cスパゲティ」はビーフカレースパゲティです。普通サイズだとダイエット中の女性向けくらいの量なので、デフォルトで「大盛り」注文です。つまり「C大」。オリジナルで「唐辛子マーク」マックスの5本でけっこうな辛さなのですが、これに強烈なデスソースをかけてやれば、激辛スパの誕生です。これにチーズをたっぷりかけて食べると、至福の一瞬となります。



【2007/06/25 22:55 】
| その他カレー | コメント(0) | トラックバック(0) |
「28番:「ベンベラネットワークカンパニー」(大通り駅)」
札幌市中央区南2条西7丁目M`s SPACE1F
TEL:011-231-5213
営業:?


久しぶりに本場の札幌スープカレーを食す機会が巡ってきました。東急ハンズ近くにいたので、行ったのが「ベンベラ・ネットワークカンパニー」。運よく?開いてました。しかも運よく席も空いてました。札幌にいたときには夜だとスープ切れで閉店してしまうので、ランチタイムしか食べたことがなかったくらいです。



今回は、「激辛マニアレベル」の5番の辛さで、標準の「エピローグ」スープをベースに「チキンベジタブル」を選びました。写真で見てもらうとわかるとおり、ターメリックライスに標準で半熟目玉焼きがトッピングされてます。またカレーは本当に野菜たっぷりです。スープカレーのいいところは、いいカレーなら野菜の味を引き出して、ふだんなかなかとらない野菜をたっぷり食べられるところです。



久しぶりでしたが、本当においしいです。スープはサラサラであっさりした感じもしますが、しっかりとだしが出ていてコクがあり、辛くしてもスープの味が生きてます。他のカレー屋だと辛くすることによってまったく味が変わってしまったりするところもありますけれど、ここは辛さと味のバランスが、いくら辛くしても崩れないようにしている、そんな印象です。もうひとつ辛さをアップしてちょうどよかったかもしれません。
ごちそうさま!!!!

ここは店も狭くて駐車場もなく、スープ切れにより食べたい人が皆食べられるわけでもないので、人気投票をするとトップにはなりづらいですが、味などで純粋に評価すると、札幌スープカレーで5本の指に入ると思いますよ。おすすめです。
【2007/06/24 16:10 】
| 札幌スープカレー | コメント(0) | トラックバック(0) |
「27番「札幌ドミニカ」銀座店(銀座一丁目駅)」
東京都中央区京橋3-4-1 TM銀座ビル2F
TEL:03-3231-1347
営業:11:00〜23:00
無休


やられました。調子に乗りすぎていました。完敗です。

辛党おやじさんがベンチマークとしている「エチオピア」で、レベル8にランクされる最高の激辛「70倍」をそれほど苦しまず完食できた僕ですが、それで自信をつけてしまい、調子に乗ってしまったのです。「エチオピアの70倍が楽勝なら他のレベル8も大丈夫だろう。レベル9だっていけるんじゃないか!」なんてね。

僕は辛いものが好きです。でも、汗を流しながら舌を冷ましながらしゃっくりをしながらヒーヒーいいながら食べるのが好きなのであって、辛さに強いわけじゃないんですよね。自分の耐辛限界のギリギリのところで食べるのが好きなんですよ。限界はけっして高いわけではなく、ただ慣れによって一般の人よりはちょっと高いのかな、くらいなもんです。そうわきまえていたはずなのに、つい調子に乗ったりして・・・

辛党さんが激辛挑戦した中で、スープカレーはそんなに多くありません。その中でも「札幌ドミニカ」は電車で行けば平日ランチにいけるところなので、二度ほど行ったことがありました。この度たまたまランチに札幌ドミニカに誘われたため、レベル8の札幌ドミニカ10番にチャレンジすることにしました。今までは7番くらいまででしたが、それもけっこう辛かったんですよね・・・。





今回注文したのは、「トントロ」。ターメリックライスにのって出てくるトントロが美味しいんですよね。調子に乗って辛さは最高の10番。おそらく調子づいてなければ前と同じ7番くらいでやめていたところです。



一口食べたところで、ガツンと舌に衝撃!痛みを感じる辛さ!! いやな予感です。これはかなり苦しむことになるなと。実は激辛チャレンジでやってはいけない失敗もあったんですよね。ラッシーを食前に頼んでいて、ついついそれを飲みながら食べてしまったんですよ。激辛チャレンジ中に、水やドリンクを飲むと、辛さが倍加することはよく知られていますが、エチオピア完食の油断からか、やってしまったわけです。

そう、いやな予感です。二十歳くらいの無謀で世間知らずの舌のときはともかく、ここ10年ほど激辛にチャレンジしても残したことはなかったんです。基本的に完食。まぁ完食できるギリギリの辛さに抑える知恵と理性があったからだと思うのですが、今回は完食できなさそうな予感が。スープのボリュームはかなりありますから。

後半になると、いやな酸味を感じるようになりました。何かに似てます。そう「キムチ」です。カレーにキムチを入れたんじゃないかと思うようなキムチの辛さと酸味。あのキムチの酸味は、てっきり発酵によるものだと思ってたのですが、もしかしたら超辛い唐辛子には酸味を感じる成分があるのかな? ただ辛いだけなら無理して完食したかもしれませんが、その不快な酸味が強くなるにつれ、いかにも体に悪そうな感じがしてきて、残り3割ほど残してギブアップ・・・。

会社に帰って2時間腹が痛かったです。10年近く前に赤坂のモティでスーパーホットの激辛ランチをとって、夕方まで痛かったときに比べりゃましですけどね。今度は8番以下にします。調子に乗ってごめんなさい。でも、ほどよい辛さならおいしいカレーですからね、ごちそうさま!!
【2007/06/22 23:36 】
| 札幌スープカレー | コメント(0) | トラックバック(1) |
「26番:「エチオピア」高田馬場店(高田馬場駅)」
東京都新宿区西早稲田3-28-1
TEL:03-3207-1992
営業:11:30〜23:30
無休


エチオピア」に行ってきました。最初は行く気はなかったのですが、会社帰り電車内で本に夢中になり、赤坂見附で降りそびれ、渋谷に向かうはずが新宿方面へ。いつか行こうと思っていた(今日の昼、場所を調べていた)エチオピアが頭をよぎり、そこからは一直線。駅についてからは、意外と距離がありました。高田馬場って、大学生ばかりですごく若い街ですね。しみじみ感じましたわ。

さて、なぜエチオピアかというと、karatouoyajiさんが、エチオピアの70倍を激辛カレーのベンチマークとしているからです。彼は、超激辛カレーに次々に挑戦し完食、制覇してます。辛さについては10段階評価し、その7段階(レベル7)をエチオピアの50倍相当と定義しているわけです。エチオピアで最高の70倍はレベル8。僕は、激辛に強いわけではないけれど、辛いのをヒーヒーいいながら我慢して食べるのが好きなので、今後はkaratouさんのブログを参考に激辛カレーに挑戦していきたいので、その物差しを把握する必要があるのです。

そこで、いよいよその機会を得たと思い、注文したのはチキンカレーの70倍で880円。辛くしても追加料金無しというのはありがたい。プラス270円でラッシーも注文しました。

まずは、15時以降の来店で無料でついてくる付けあわせの小さなゆでジャガイモが運ばれます。じゃがバター、久しぶりですね!



いよいよカレーが運ばれました。



運ばれたとたん、クローブとカルダモン?の強烈な香り。舌がしびれそうな辛さを予感させます。さぁ、食べましょう。辛いけど、食える!w 口の中が痛くなって食えなかったらどうしようと思ったけれども、大丈夫でした。味は、きっと20倍くらいだったらおいしいと感じるんだろうと思うけど、僕の舌に70倍だと、味覚の半分以上麻痺していて、正直言ってわかりません。でもスパイスによる辛さであり、辛味オイルでつけた人工的な辛さではないから、辛さと味のバランスは取れていると思います。これも半麻痺の味覚のせいかもしれないけど、チキンがカレーになじんでない感じがしました。たぶん別調理だと思います。ルーの中で煮込まれていればすごくいいカレーだったのにと思いました。

最後の二口くらいのところで、油断が生じ、激辛カレーが気管近くまで到達し激しくむせましたが、見事完食です!!これで、karatouさんの挑戦した店に僕もチャレンジできます。その店のマックスではなく、自分の上限ぎりぎりを狙って。



【2007/06/19 23:16 】
| オリジナルカレー | コメント(0) | トラックバック(1) |
「25番:「ガネー舎」(新橋駅)」
東京都港区新橋5-12-2 鴻盟社ビルB1
TEL:03-3433-0309
営業:11:30〜14:30 17:30〜20:45
日・祝定休 (土曜日はランチタイムのみ)


昨日(日曜日)のカレーの選択に後悔したため、お口直ししたい気分で、札幌スープカレーを無性に食べたくなりました。正直言うと「陳麻婆豆腐店」激辛の四川麻婆豆腐を食べてみたかったので、どちらにしようか迷ったんですが、ダイエット中につき、カレーのみ免罪符を与えられていることから、やはりカレーを選択。



ガネー舎は、札幌スープカレーの元祖とも言うべき「アジャンタ薬膳カリー」の孫弟子に当たるそうです。今日ネットで調べたところ、札幌のアジャンタはお家騒動で2派に分かれているそうで、ガネー舎はどちらに対しても中立だとか。まぁ、どうでもよいですが、味の面では札幌の味を忠実に守っているらしい。北海道では江別の店で一度食べたことがありますが、詳細は忘れているので、初めて食べるつもりで臨みました。

基本のとりカリィにしようと思ったのですが、いつものクセでどうしても野菜を取りたくなり「とりやさいカリィ」に。メニューで辛さを足せることを知り(てっきり卓上スパイスでの調整のみだと思ってました)「大辛オイル」150円をトッピング。



ターメリックライスを一緒にお盆に乗ってカレーが現れました。見た目はすごくオイリー。オイルが浮いているように見えます。でもそうじゃないみたいで、少しも油っぽさは気になりません。辛さは全然たいしたことはなく、100番マックスのカレーにたとえると30番程度の感じです。なので卓上スパイスを半さじ入れました。味は、ちょっとトマトベースも入っているかもしれないけれど、あっさりしたのど越しです。途中はご飯よりスープを多めに食べていましたが、だんだんライスが残り気味になったので、ライス多目の食べ方にするととたんに味が薄く感じました。ご飯をスープにしっかり浸すと、スープは冷めるし、味も薄い。

おいしいことはおいしかったのですが、とりやさいカリィが1,250円で辛さトッピング150円と合わせて1,400円にしてはいまいちです。しかも最後は物足りない味です。もうちょっとコクがあって、最後までパンチがある味だとよかったのですが。でも、数少ない本格札幌スープカレー店ですから、応援してますよ。ごちそうさま!!!
【2007/06/18 22:28 】
| 札幌スープカレー | コメント(0) | トラックバック(0) |
「5番:「オー・カルカッタ」(渋谷駅)」
過去記事 1 ← 店情報あり

昨日のラージパレスのカレーがおいしかったものの、満腹が訪れて満足いくまで食べた感触がなかったので、欲求不満だったんですね。無性にカレーが食べたくて。いろいろ迷ったのです。初めての店を訪れたいという気持ちもあれば、一度いって気に入った店で違うメニューを楽しみたいという気持ちも。でも結局選んだのは、昨日に引き続き渋谷のインドカレー、何度も行ってる「オー・カルカッタ」でした。こりゃもう、「週末はインド人」状態です。



ここのウリは終日バイキングなんです。



近くにあるラージパレスに対するアドバンテージは、辛いサンバルスープがあるところですね。これけっこう好きでいつもおかわりするのです。

食べた感想ですが、はっきり言って順番間違えましたね。カルカッタのあとにラージだとよかったのですが、昨日ラージパレスのおいしいカレーを食べたあとで、ここのカレーを食べると、差が歴然ですごく不味く感じてしまいました。ラージと比べなきゃそんなことないんですが・・・。

ごちそうさま!!今度は順番考えます!
【2007/06/17 19:31 】
| ベンガル料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「13番:「ラージ・パレス」(渋谷駅)」
過去記事 2
過去記事 1 ← 店情報あり

さて、週末といえば「ラージパレス」です。ちっとは新しい店開拓すりゃいいのに、どうしても週末になるとおいしいインドカレーを腹いっぱい食べる魅力に負けちゃうんですよね。

今日もタンドリーチキンではなくて手羽先。そういえば、ここに来るのはずっと土曜日が連続してます。もしかしたら、日曜日なら日替わりで普通のタンドリーチキンが巡る順番になるかもしれませんね。今後は日曜日に来るようにしましょうか!

味はいつものとおり美味しかったです。4月になってからはドライタイプの野菜カレーが出るようになったし、全体としてカレーのコク・うまみがアップしてると思います。今の標準は、ドライな野菜カレー、普通の野菜カレー、チキンカレー、マトンカレーとあと一種類のカレー。数ヶ月前に出たことがある玉子カレーが美味しかったので、次回はそれにあたるとありがたいです。

ごちそうさま!!!!



【2007/06/16 21:34 】
| 北インド料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「24番:「心」渋谷店(渋谷駅)」
東京都渋谷区桜丘町30-15 ビバリーヒルズ1F
TEL: 03-5459-2141
営業:11:00〜22:00(LO 21:30)
無休


数日前から食べに行こうか迷っていた、札幌スープカレーの店「心」。昼を過ぎてお腹が鳴ったので、雨は降っていたけどバスに乗って食べに行きましたよ。

札幌で食べたのは1度のみ。東京で食べたのは2度。東京での3度目、渋谷店は2度目です。ここは、渋谷の中心から少し離れているので、土日の昼はそんなに混んでいないみたい。好きな席でよいというので、誰も座っていないカウンター席へ。

今回注文は、メニューの溢れんばかりの野菜が盛り上がっている写真にそそられ、「14種の野菜のカレー」をスープ大盛りで、玄米ライスで、辛さは70番に。ランチセットをプラスしました。

僕は札幌スープカレーのファンで、スープはあまり気味が好き(カレーとライスのバランスが悪くてライス残るのは最悪で避けたい)なので、スープを大盛りにできるときはデフォルトで大盛りを注文します。ここは+100円で良心的値段でうれしい。辛さについては11以上が有料ソーンで、100番まであるので、ちょっと控えめに70番にしておきました。追加料金は31番以上は+100円というのも良心的なほう。ランチセットは、+150円で、ラッシーとサラダがつく。日曜日に平日同様ランチサービスをやっている店は少ないから、あるとうれしいものです。これは好印象。

まずは、ラッシーとサラダが到着。



続いて、カレーが運ばれてきました。



ここで「ちょっと待てよ・・・」
メニューの溢れんばかりの野菜に惹かれたのに、どこが溢れてる??「あ、そうか、スープ大盛りだから野菜が隠れてしまうのか!」と気を持ち直して食べ始めます。

サラダは小さくて、あっという間に食べてしまいます。まぁ、セットのサラダだし、ラッシーだけで150円だと思えば、ただみたいなもので文句はありません。

肝心のカレーは、味は記憶にある味で、ブイヨンだしのクセのない味。ちょっとトマトの酸味が感じられます。辛さは思ったほど辛くなく、これなら100番も平気だろうと思えるくらい。で、野菜は食べてみるとやはり小さいですよ、メニュー写真と比べて。札幌スープカレーは野菜が命です。ここで手を抜いちゃだめでしょう・・・(コスト削減のためでしょうか?)

ここのカレーは、癖がなくてあっさりで、スープカレー初心者の入門用にはいいと思います。ただ、それだけで今後もこれだけ多店舗展開できるのでしょうか。どうしてもスープカレーが食べたいけれど、ここしかないんだよ・・・というときなら食べるけど、わざわざ食べに行くところじゃないと改めて思いました。決してまずくはなくてそこそこなんです。オプション料金も比較的良心的だし。けれど、その「そこそこ」に1,330円(基本は980円にオプション350円)もかけられませんからね。

次回は、値の張るトッピングはちょっとやめてシンプルに味をかみしめてみましょうか。ごちそうさま!!!
【2007/06/10 23:27 】
| 札幌スープカレー | コメント(0) | トラックバック(0) |
「1番:「カレーの店 うどん」(五反田駅)」
過去記事 1 ← 店情報あり

季節のカレーを食べるため、2度目の訪問です。なかなかついでがないと五反田まで行こうとは思えない僕ですが、昨日は遊びに行った先から常磐線で代々木まで戻ってきたので、どっちみち山手線に乗るならば、ということで五反田まで行きました。

今月の季節の夜カレーは「初夏のカレー」でした。注文は初夏のカレーをスープ大盛りで、スパイシー挽肉とかれーたまごをトッピング。



カレーが運ばれました。
「スパイスが浮いているのでよく混ぜて」と言われたので、そのようにしてまずは一口飲みました。うん、なかなかおいしいです。ストレートに来るのではなくじわっと迫るような辛さ。程よいコクと塩加減。トマトの酸味。そして具を食べてみると獅子唐も夏野菜っぽくていいですね。

一方トッピングしたかれーたまごを食べてみると、こりゃうまい!!!!!カ レーの味がしみた玉子ってけっこういけますね。かれーにスライス玉子のトッピングは割りと定番ですけど、カレー味をしみこませちゃうなんて気づかなかったなぁ。今度自分でも真似してつくってみたい思います。

カレー自体の評価は1回目のときとそれほど変わらず、拍子抜けするほど完成度が高くインパクトに欠ける感じもあるのですが、店主一人であれだけの標準で多くのメニューを持ち、しかも季節の夜かれーを加えると10以上のメニューが、そこそこの個性を持っていながらみんな完成度高いだろうと想像できます。これってすごいですね。さらに今回チャレンジしたトッピング「かれーたまご」のような個性的なメニューもあり、やはりカレーブロガーの聖地であるのはうなずける気がします。

ごちそうさま!!!!
【2007/06/09 21:33 】
| スープカレー | コメント(0) | トラックバック(0) |
「23番:「マジックスパイス」下北沢店(下北沢駅)」
東京都世田谷区北沢1-40-15
TEL:03-5454-8801
営業:11:00〜23:00(平日15:00〜17:30休憩)
火・水定休


スープカレーが食べたくなったので、渋谷の「心」に行こうと思ったところ、すでにラストオーダー時間。じゃぁ、この前下北沢に行ってカレーを食べずに帰ってきて消化不良状態だったので、「マジックスパイス」に行くことを思いつきました。家から行くと電車乗換えが面倒ですが、会社から行くなら、小田急直通の千代田線で一本で行けることに気がついたので、即行動。

下北沢駅を降りると本多劇場の横を通り、約5分くらい。最後は小高い住宅地に入っていくようにきつい坂をちょっと上ると赤い怪しい建物がありました。あと40分くらいで閉店の時間ですがけっこう客が入ってます。怪しい内装などそのままでした。マジックスパイスがここに出店してから何年か経っているはずですが、話題性を維持し、人気を保っていることに安心しました。僕は札幌スープカレーのファンなので、東京で本場並みか本場を越えるような味のスープカレーが食べられるようにますますなって欲しいから。



さて、注文です。ほぼラストオーダーの時間ゆえ、出せるニューは限定されていましたが、チキンに、お店のおねえさんのおすすめで夏野菜をトッピング。問題は辛さ。メニューにある標準?で一番辛いのが虚空。それよりさらに辛い、究極の「アクエリアス」ってのがあるも知っていましたが、辛いの好きとはいえ、辛すぎると匂いだけでむせることもあるくらいで、辛さに強いわけじゃなし、せっかく電車に乗ってきたのだから、辛くしすぎて味がわからないまま帰るなんてもったいないことはできません。一応、虚空を100番まであるカレー屋のマックスに相当するものと考えて、その場合に僕がいつも食べる70番に相当すると推定して「極楽」を選んでみました。



ちょっとしてカレーが運ばれました。そんなに待たせないのはうれしいですね。さて一口飲んでみると・・・辛くない。失敗です。辛さの選択を完全に間違えました。これだとただの美味しい野菜スープです。

マジックスパイスのカレーは、辛ければ辛いほどおいしいタイプのカレーだと思います。といっても辛くて食べられなければ意味がないので、言い換えると、その人にとってギリギリ許容できる辛さ、高めギリギリのストライクを狙ってはじめておいしくて、初めてカレーといえるような気がします。ターメリックやコリアンダーなど、いかにもカレーっぽいスパイスはあまり使ってないようなので、辛さこそがこのカレーのカレーとしてのアイデンティティみたいなもんです。

こりゃ、「虚空」かそのちょっと上を狙うべきでしたね。今日は完食しても鼻水がほとんど出ませんでした。食べながら鼻を10回くらいかむのが、僕にとってはちょうどよい辛さかもしれません。やっぱり備忘録は重要。次回への教訓とします。ごちそうさま!!!
【2007/06/08 23:05 】
| 札幌スープカレー | コメント(0) | トラックバック(0) |
「22番:「サイアム」有楽町店(銀座駅)」
東京都中央区銀座西3-1先 銀座インズ1・2F
TEL:03-3563-3106
営業:11:30〜15:00 17:30〜22:30
無休


ランチタイムに、無性に外食したくなり、「サイアム有楽町店」に行ってきました。昼休みは45分です。電車で一駅です。決して時間を無駄にできない。っていうか、だったらバイキングには行くべきではないですよねw。

ここは、本格的な味や食べたいメニューを味わおうなんて無理ですが、945円で、チャーハン・カレー・トムヤンクンスープ・野菜料理・肉料理・魚料理・麺料理・デザートなどあるので、タイ料理がとにかく食べたくなったら気軽に行けるので便利です。おすすめ。

ただし、皿が仕切りのついた大皿で、基本は交換なしってのが「ちょっと・・・」と思うところですが、そもそも場所が狭くてテーブルに皿を並べるのも難しいし、人手をかけずに安く料理を提供するには店としてもやむをえないなと思ってます。

あわただしかったけど、ごちそうさま!!!
【2007/06/08 20:39 】
| タイ料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「21番:「からなべや」西銀座店(銀座駅)」
東京都中央区銀座4-1-2 地下鉄銀座駅
TEL:03-3567-7754
営業:平日・土8:00〜21:30/日・祝日10:30〜21:30
無休


PASMOの前フリが長くなりました。要は、通勤に東急とメトロを使っているので、定期をパスモにしたかったわけです。しかもオートチャージの。しかしPASMOの品不足のため、オートチャージPASMOは受付を9月頃まで中止状態。一般PASMOも販売中止で、PASMO定期券のみ販売しているんですが、取り扱い駅を制限してるんですね。それを知って、銀座駅の定期売り場までわざわざ行ったわけですが、そこでカレー屋が目に入った(というかあることは知っていて何度か食べていたので、自分から釣られていった)ということなのです。

今までは食べたら食べっぱなしだったのですが、備忘録としてこのブログを
付け始めたので、初めて店の名前を意識してみると「からなべ屋」というんですね。ここは変わっていて駅構内(といっても改札の中ではないですが)の通路の真ん中の島が店で、入り口はいると右側がこのからなべ屋、左側が回転鮨。左の回転鮨は、からなべ屋とは同系列でもなんでもないようで。いかにも安いすし屋で、どうしようもなく腹が減ったときに3〜4皿食べるのにちょうどいい感じです。ねたやシャリを見るとそれ以上は望んではいけません。

一方のカレーはどうかというと、いわゆる家庭のカレー系のスタンドカレー。家庭カレー風のニンジンやジャガイモの入ったルーをベースに、カツやメンチや野菜などのトッピングが用意されていますが、野菜トッピングがウリのようです。僕が食べているときもキャベツその他の野菜をその場で油でざっと揚げてトッピングしてましたが、おいしそうでした。国産野菜であればぜひ食べてみたいものですが・・・。

家庭のカレー系のほかに、キーマカレーが用意されていました。これは前に来たときに食べて特別印象になかったのですが、普通のカレーに比べてベースは100円以上高いようです。



今回いただいたのは、メンチカツカレー500円。辛さは2種類あって辛い方を選びました。まあ、見た目どおりの味で、安いからこんなものかという感じです。会社のすぐそばにあったら、お手軽なので週に1回くらい食べてしまうかもしれません。メンチは意外とからっと揚がっていておいしかったですよ。ごちそうさま!!
【2007/06/05 23:31 】
| 家庭風カレー | コメント(0) | トラックバック(0) |
「日本は変わってきている・・・たとえばPASMO」
PASMO、どうしちゃったんでしょう。

PASMOがすごい人気で、売り上げが予想以上のため在庫が厳しくなり、3月18日の発売後一月にも満たない4月半ば、定期券以外の発売を休止してます。なぜそのような事態になってしまったのか。4月11日のプレスリリースによると、発売後約1年間で5000万枚の売り上げを予想し、そのうち400万枚を発売初日に準備していたそうです。残りの100万枚は9月に納入の予定、つまり増産能力は半年で100万枚程度あればよいと踏んでいたのでしょう。これら見通しは、きわめて甘いとしか言いようがないです。素人目にも理解できません。素人の私でも、簡単なデータからもっと多くの枚数が必要だと導き出せます。

まず、どのくらいの人数の方が私鉄・地下鉄を利用するか。延べ旅客数を見てもしょうがないので、東京の昼間人口と夜間人口の差に着目します。平成15年に発表された東京都による「東京都昼間人口の予測」によれば、2007年は、東京都区部の昼間人口と夜間人口の差は379万人あります。通勤や通学が大部分でしょうから、大半は電車またはバスでの移動になるのではないでしょうか。23区内に住居・職場があり、その数値にカウントされない人もいます。これだけ考えても、SuicaかPASMOいずれかを毎日のように使う方で、PASMO定期券の需要者は軽く400〜500万人はいるでしょう。

また、通勤通学以外に昼間の買い物、土日首都近郊から都心に遊びに来る日若者等はたくさんいます。首都圏人口は4,000万人います。そのうち2割程度がたまに都心にくるときのためにSuicaかPASMOを持ちたいと思うでしょう。また東京は日本の中心です。ビジネスでも全国から多数東京に訪れます。そういう人をたちが分母です。PASMO・Suicaの潜在需要者は日本の人口の数千万います。現にSuicaは2千万枚売れてます。

定期券を買いたい場合、JRが絡んでいなければ、Suicaでは代替できないのでPASMOを選ぶしかありません。先ほどの昼間人口の差から導いた定期券需要者の400万人以上は、定期券の更新が来る半年以内にパスモを買います。4月は入学就職時期ですから、そのうちほとんどが3月4月の2ヶ月間になるのではないでしょうか。土日首都圏に来る人のうち、Suicaを持っていなかった人が、新たにカードを買うとすれば、2から3割はパスモを選ぶでしょうし、羽田を使って東京に出張に来る方がモノレールを使うときはSuicaを選ぶでしょうが京急をふだん使う人はpasmoを選択するでしょうから、それだけでも200〜300万枚程度の需要は簡単に予想できます。
さらにオートチャージを使いたい人は、オートチャージ対応PASMO届くまでの間は通常PASMOを利用するでしょうから、オートチャージ用にダブりで需要が生じます。これも100万単位でしょう。

これだけ考えても1年間で1,000万枚は用意しないと、僕が担当者なら不安で夜も眠れません。さらにはSuicaとのパイの奪い合いです。発売5年半で2,000万枚発行したSuicaですが、PASMO登場によって、SuicaまたはPASMOの需要はその倍に膨らんだと思われます。両方合わせて1年間で1,000万枚以上増えるのではないでしょうか。PASMO協議会としてはそのうちのできるだけ多くをSuicaではなくてPASMO側に取り込みたいはずですし、SuicaからPASMOに切り替える人を増やしたいでしょう。その場合は初動が肝心です。営業上の戦略を考えるだけでも、初っ端で1,000万枚用意するのは、必須ではないでしょうか。現にその失敗のため、本来PASMOを買いそうな客が、Suicaに流れてしまったでしょうし、オートチャージの申し込みが止まっているせいで、クレジットカード発行を増やす思惑が崩れています。

日本ってこんな国だったのでしょうか。事前の準備はしっかりし、もし目論見がはずれても、直ちに増産体制を準備してたと思うのですが。今オートチャージPASMOの申し込み再開見込みは9月であるとアナウンスされてます。僕はてっきり数週間で体勢を立て直すと思ってました。日本有数の大企業が集まって、この有様です。プロジェクトXにあるような日本の、日本人のすばらしき力は、どんどん消えかかってる気がします。これはその象徴でしょうね。
【2007/06/05 21:25 】
| その他 | コメント(2) | トラックバック(0) |
「番外:社員食堂」
社食です。今日のスペシャルはカレーライス。唐辛子マーク5!しかも限定20食。限定ものには弱いのです。

スパゲティの店で、ふだんはA・B・Cのスパゲティから選べます。何日かに1度はCスパゲティが、「ビーフカレースパゲティ」で、これがまた辛さもあっておいしいのですよ。粉チーズをかけて食べるとおいしい。
今日はたまに設定されるS、すなわち「スペシャル」のメニューがあり、それがこのビープカレー。おそらくは10日に1度は登場していそう。

ここのいいところは、とにかく出てくるのが早いところ。案内されて席に着く前にもう運び始めてることも多いくらいですからw



鮮やかな黄色のサフランライスに、辛口のルーがのってます。けっこうおいしそうでしょうw。ちょっと塩味がきつめで塩辛い感じですが、なかなかスパイシーでよいですよ。ごちそうさま!!! ここも、カレーライスかスパゲティのいずれかでも毎日カレーメニューを選べるといいんですけど。
【2007/06/05 21:17 】
| スタンド系カレー | コメント(0) | トラックバック(0) |
「20番:「カレーハウスコロンボ」(高円寺駅)」
東京都杉並区高円寺北2-41-15
TEL:03-3338-1122
営業:11:30〜23:30
木曜定休(月末木曜は営業)


カレーハウスコロンボ」のホームページではなぜか「禁じられた遊び」が流れてますw。「ホームページ閲覧料:1万円→今なら無料!!」ってのも、脱力です。サイトのメニューに「刑事コロンボ」というのがあっても開けない・・・。

「カレー」「ハンバーグ」「オムライス」「ナポリタン」と、お子ちゃまメニューが好きな中年の僕としては、まず選ぶのは「ハンバーグマサラカレー(けんじカレー)」。これは通常のハンバーグカレーに+200円で店長がインドから持ち込んでいるスパイスで辛口にしたものだそうです。それを標準化してメニューに。当店1番人気。



見た目はココイチカレーに似てました。正直言って。スパイス感が高くかなり辛い。ココイチで言えば4辛くらいか。味もココイチっぽい気がしないでもないです。ココイチと違うのはスパイスの香りはかなりであること。そこがインドカレーなんでしょうか。結構おいしいと思います。

飲み物をすすめられ、アイスチャイを頼んでしまいました。プラス100円でのめると勘違いして。実は単品だと500円のドリンクが「100円引き」になるだけなんですよね。そこそこスパイシーでおいしかったけれども、食事と一緒に頼んで430円でというのは、かなり高い気がします。食事とセットなら「食事+200円」程度にしてほしかったです。

とまぁ、ドリンクの値段に不満はありますが、とてもおいしいカレーでした。ごちそうさま!!!!

高円寺の商店街は、北にも南にもかなり広くて、楽しそうですね。僕はいつも思っているのですが、駐車場もなく路地も狭く車が通れない賑わいのある駅前商店街問い存在は東京にしか成立しないですが、ここの商店街はその中でもかなり奥行きがあって大きいので、また訪れたいし、そのときも食べによることにします。今度はサザンカレーかな。サザンカレーはシーフードカレーのことで、魚介をソテーして入れているそうで、もっとも高額のメニューです。

【2007/06/04 22:02 】
| インド風カレー | コメント(0) | トラックバック(0) |
「19番:「M'S CURRY」(笹塚駅)」
東京都渋谷区笹塚2-10-6
TEL:03-3378-4744
営業:12:00〜15:00 18:30〜21:30
火曜定休


M'S CURRY」カレー好きには有名なカレー屋さんのようです。カレーブロガーの皆さん(カレー衆?)は皆絶賛。ここは押さえておかないわけにはいきません。近い割りに電車を乗り継がねばならないところなだけに、気合を入れないといけないところなんですよね。



ここのカレーは、メニューによって辛さが決まっていて、辛いものが好きな僕は、一番辛いものを選ばざるを得ず、「チキンカレー」を注文しました。まぁ、欧州カレー風のメニューもある中で一番スパイス感が高そうなのがチキンカレーなので、仮に辛さが一緒でも、まずは一番に選んだでしょうね。



カレーは楽しみだったけど、同じくらい楽しみにしていたのが、サラダ。多くのブログで絶賛のドレッシングを体験したかったんです。甘くもなく酸味もわずかで、ニンニクの風味がけっこう強くて。確かにおいしい。人気なのも当然ですね。



運ばれたチキンカレーのルーはさらさら。見たらわかりますが、手羽元が入ってる以外は具はありません。でも、たまねぎがよく溶け込んでます。そして甘くもなく、非常にスパイス感が高い。僕が大好きな札幌スープカレーが行き着く先の一つと方向性は一緒ではないかと思います。札幌で一番好きなスープカレーが、「カレー魂 デストロイヤー(村上カレー店・PULU2)」ですが、あのスパイス使いと濃厚さ、食欲をそそるニンニク風味とすごく似ている感じがしました。

ここのカレーはかなりおいしいですよ。しかし残念なのが、カレーの種類によって辛さが決まっていて、辛口はチキンカレーのみ。常連になればたのメニューでも辛くしてくれるのでしょうか。だったらよいけれども。

しかし、コストパフォーマンスの高さはすごいです。次は欧風カレーのようなポークカレーに挑戦しますよ。満足しました。ごちそうさま!!!!!
【2007/06/03 22:09 】
| インド風カレー | コメント(0) | トラックバック(0) |
「13番:「ラージ・パレス」(渋谷駅)」
過去記事 1 ←店情報あり

貴重な休日、通勤経路上ではなくちょっと離れた、五反田の「うどん」でも新メニューへのチャレンジ、高円寺「コロンボ」笹塚「M's Curry」へのデビューと、どこに行こうか迷った末に、自分でも驚愕の選択をしましたw。もう20回くらいいってそうなラージパレスに、また行ってしまいました。

やっぱりここのカレーはおいしいです。コクがあるし。1,100円から1,500円に値上がりして足が遠のくかと思ったらそうでもなかったです。そうそう、値上げと同時に、値上げ前はプラス100円だったソフトドリンクが最初から付くようになったのだけれども、もうひとつグレードアップしたのがあって、それはナンに、プレーンに加えてチーズナンが加わったこと。チーズが中に挟まった(練りこまれた?)ナンの焼き立てを持ってきてくれるので、とても美味しいですよ。これも考えたら、400円の値上げは実質100円か200円にしか感じられないですね。値上げ後もコストパフォーマンスは意外と高いですよ。



楽しみにしていた「タンドリーチキン」ですが、皿の前には「タンドリーチキン」と書いてはいるけど、今日も手羽先の揚げ物だったので残念です。美味しいからいいけど。ごちそうさま!!!!
【2007/06/02 22:34 】
| 北インド料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム|