「:「Indian Restaurant Aarti(アールティ)」(秋葉原駅、岩本町駅)」
東京都千代田区神田佐久間河岸50 大岩ビル2F
TEL:03-3864-5602
営業:11:30〜15:00 17:00〜22:00
定休日:無休(不定休あり)
駐車場:なし


最近できた評判のいいインド料理店の「アールティ」に行く。日比谷線の秋葉原駅に近く、とても便利だ。このお店は、日本人の女性がオーナーで、北インド料理を中心として創作メニューも多く出しているという。僕の場合、どれが本場の北インド料理なのかわからないので、どれが店オリジナルの創作料理なのか皆目見当もつかないが。

一応、事前にネットで下調べをして、絶対食べたい料理を決めてきている。中でも参考になったのは、こちら。注文をし、「マハラジャ ビール(MAHARAJA)」を飲みながら待つ。



まず、お通しに「パパドゥ」。



インド料理店でビールを飲みながらカレーを食べるときには、たいていこれを食べる。「カチュンバルサラダ(480円)」。スパイシーで美味い。



はっきり言って一番食べたかったのがこれ。「アルティッキ(500円)」。ふつうは「アルティキ」と書くのかな。インドのスナックで、マッシュポテトをフライし、ヨーグルトソースやマサラを加え、大豆のスナックであるブジヤがトッピングされている。酸っぱいヨーグルトソースがかかり、揚げたポテトはホクホクして甘く、甘くて酸っぱい食べ物だ。ジャガイモが好きな僕には、ストライク。



「マサラ手羽先(980円)」。これは創作料理でしょ。写真ではわかりづらいが、大振りな手羽先にカレー餡が絡めてある。さほど辛くなく、日本の居酒屋でも普通に出してくれても違和感がない。正直言って食べづらく、指と口の周りが汚れるので注意。



「アルーベイガンカレー(880円)」。ジャガイモ好きの僕としては、ついつい頼んでしまう、ジャガイモとナスのカレー。ほんと、美味いわ。



手前は「マトンカレー(880円)」。濃厚で、スパイスと旨みの凝縮。癖のあるマトンを美味しく食べさせてくれる料理屋はありがたい。今回はナンなどの粉物ではなく「バスマティライス(480円)」にした。胃には限界容量がある中で、たくさんのメニューを試したい。ナンかお米か選ぶなら、やはり僕は日本人なので、カレーにはご飯が優先しちゃう。



最後に「チャイ」を出してくれた。サービスなのかな、ありがたい。今回、どの料理も外れはなく、全て高水準の美味しさで、かつ値段もリーズナブルだった。オーナーのセンスがいいのかな。たぶんメニューにある料理のどれを注文しても美味しいと思う。ここの料理、全部食べてみたい。ごちそうさま!!!!!

実は食べている途中で、後ろで特徴のある笑い声が聞こえてきた。この人だ。ほぼ2年ぶりの再会。懐かしい。近況やお世話になった皆さんの話を聞いた。いろいろお世話になりながら不義理で申し訳ありません。
【2010/01/25 22:02 】
| 北インド料理 | コメント(2) | トラックバック(4) |
| ホーム|