「番外:新潟復興チャリティーラーメン どなぎ」
東京を代表する人気らーめん店、京橋「ど・みそ」と渋谷「凪(なぎ)」が震災被災地支援をしました。ど・みそ店主斉藤氏は、ブロガーくにさんと共に『【ど・凪】コラボ企画☆』を立ち上げた企画です。

収益の50%を今後の被災地支援活動費用にあてるということは普通としても、らーめんの具材は新潟県中越沖地震被災地の農家から仕入れたものを使用するというのが、チャリティーのリアリティを高めてますね。会場は、凪本店@渋谷 (渋谷区東1-3-1 TEL:03-3499-0390)、日時は、9日日曜日11:00〜22:30の一日間でした。

いつもお世話になっているグルメブロガーの一員として辛党さんが告知に協力してましす。僕はグルメブロガーではないので、告知なんてできませんが、せめて一杯食べるだけでも一緒しなければなりません。ということで、日曜日の夕方、中年男二人が、渋谷警察署前で待ち合わせです。



店の前はこんな感じです。ちょっと屋台風で、立ち食いもできるんでしょうか。でも、ちゃんと入って食べるスペースはあります。

中に入ると、 けっこうな繁盛具合。開店当初は行列ができ、しばらくは常に入店待ちがある状態だったそうですが、だいぶ落ち着いてきたそうです。その時点で、目標500杯のうち、300杯を越えてました。22:30までは5時間ありますから、残り200杯近くはなんとか売切れそうかと思いました(結果は目標にわずか及ばず450杯だったそうですが)。



さて、これが一杯900円のチャリティーラーメン。「ど・みそ」の味噌ダレと「凪」の豚骨スープを使用したスープ、?浅草開化楼様が開発した限定麺だそうです。 

味は、濃厚なとんこつと魚介系の合わせ出汁で、コクのある味噌とあいまって僕の好みの味でした。見た目も色が濃いせいか醤油ラーメンのような錯覚も。麺も縮れていない細麺なので、一時期ブレイクした和歌山ラーメンを連想しました。



鯛の煮干と新潟米の粥がトッピングされてます。麺が残り少なくなったときに、この粥をスープに溶かして食べると、「二度うまい」という感じです。量は少なめでしたが、美味しくいただきました。ごちそうさま!!!!

最後はくじがあり、新潟の里芋をお土産でいただきました。ちなみに、当初は収益の半分を新潟支援に当てる予定でしたが、全額を支援に回すことにしたそうです。皆様ごくろうさまでした。

【2007/12/09 21:31 】
| その他料理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<127番:「HATTI」新宿駅、西武新宿駅、新宿西口駅) | ホーム | 96番:「インドレストラン モティ」赤坂見附店(赤坂見附駅)>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dokata.dtiblog.com/tb.php/188-740afa9a
| ホーム|