「:「らっきょ小サーカス」スープカレー横丁(大通駅、バスセンター前駅)」
札幌市中央区南2条東2丁目 大都ビルB1
営業:11:00〜21:00
営業期間:2009年3月5日〜18日
定休日:無休
駐車場:なし




昨年4月にオープンした「スープカレー横丁」。一応スープカレー好きの自分ではあるが、ほぼ1年経ってやっと訪れることに。当初6店舗でスタートしたが、こないうちに其のうち3店舗が撤退してしまっていて、常設3店舗に、2週間の期間入れ替わり2店舗で当面運営していくらしい。



その入れ替わり期間店舗に「らっきょ」が入店。しかもスープカレーラーメンを出すと聞いて、それを食べにやっとここに来る気になったのである。



オーダーは「スープカレーラーメン」ライスつきで1,000円。辛さは普通のスープカレーと同じように選べるので、8番にした。らっきょのスープカレーと同じようにバジルの浮いたスープ。具は強い火力で炒めたキャベツと豚肉。半熟たまごとコーンがのっているところは、チャーシューこそないもののラーメンっぽい。



麺は、一般的な札幌ラーメンで使われている中太の縮れ麺のようだ。一口目を食すると、けっこうパンチがある味でびっくり! 熱々のキャベツは香ばしく、豚肉もうまみがでている。らっきょのカレーは、うまみはあるものの塩味もきつくなく濃厚でもないマイルドな味なので、塩辛くて強い味のスープと一緒に麺を食べる普通のラーメンと比べると、スープにはパンチが足りないと予想していたからだ。

スープ単独で飲んでも、それほど塩辛くなくいつものスープに近い。ご飯と一緒に食べてもそうだ。だが、麺と一緒に食べるとパンチが出てくる。もしかしたらかなり研究を重ねて、麺とベストマッチするスープを開発したようだ。よくよく見るとニンニクのチップがたくさん入っている。パンチの強さのひとつはニンニクにありそう。また麺はつややかで、油が絡んでいるようにも見える。ゆでた麺をそのままスープに入れたのではなく、スープに合わせる前に油で炒めるなど、余分な水分を飛ばしてスープとのなじみをよくするなどの工夫がありそう。

食後にオーナーの井出さんが教えてくれたのは、麺に負けないスープにするために、化学調味料に頼るのではなく、バターを使ったとのこと。麺を湯切りした後に残る余計な水分で味が薄くなっていないのは、カルボナーラのようにフライパンで麺とスープを混ぜているからとのこと。なるほどでした。さすがはらっきょ。

このスープカレーラーメンは、らっきょ大サーカスでマンスリーメニューで出したことがあり好評だったそうだ。大変うまかったので、この小サーカスが終わっても、らっきょの店で食べられるようレギュラーメニューに是非入れてもらいたい。ごちそうさま!!!!
【2009/03/09 22:41 】
| その他カレー | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<243番:「札幌らっきょ」(琴似駅) | ホーム | :「Indian Restaurant Aarti(アールティ)」(秋葉原駅、岩本町駅)>>
コメント
突然の復活にビックリです!
ご無事で何より!(^-^)/

東京は南インド戦争になりつつありますよ。
東京にお越しの際は是非声かけて下さい。
【2009/03/15 13:30】
| URL | ピエール #- [ 編集] |
>ピエールさん
すみません。ほんと、ご無沙汰してます。ただ、まだ復活とまでいきません。とりあえず、無事ですがw、
まだまだ、記事書いたり、皆さんのブログをフォローできる余裕もなく。ただし、カレーは食べ続けております。

それにしても、札幌で一番困るのは南インド料理が食べられないことです。
【2009/03/15 22:43】
| URL | dokata>ピエールさん #- [ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dokata.dtiblog.com/tb.php/377-107ed39d
| ホーム|