「57番:「ボンディ」神保町本店(神保町駅)」
東京都千代田区神田神保町2-3 古書センタービル2階
TEL:03-3264-8320
営業:11:00〜22:00
無休


欧風カレーの雄、「ボンディ」に行ってきました。しっかりとしたハズレのないおいしいカレーを食べたいからなんですね。最近ちょっとはずしてるんですよ。インドカレーのバイキングが好きで、連続してそれをはずしてます。また、ファストフード感覚のインド料理店にも頻繁に行きますが、バイキングと合わせてみると、安かろう○ずかろう、というカレーばかり食べてる気分になってきてるんですよね。けっしてそれぞれは不味いわけじゃないんですよ。でも、「おいしい!!」という満足感を味わってない気がします。その心の隙間を埋めるために、確かなものを求めてるんだと思います。

そこで、絶対はずしようがないだろうと、カレーの聖地とも言われる神保町で、欧風カレーの雄「ボンディ」に行くしかないと、決心したところです。
まずは、神保町駅で靖国通りに出てすぐのところに、目指す古書センタービルを見つけます。ボンディの看板もあります。1階からエレベーターにのり、2階のボタンを押します・・・が、点灯しません。2階を通り過ぎてしまいます。あれれ?気を取り直し、階段で降ります。階段の2階の踊りまでドアを開けて入ろうとすると・・・ドアが開きません。階段からもエレベータからもいけない、2階フロア。また下に降りますが、ここが古書センターであるに間違いないし、ボンディの看板だって、よく見ると・・・



「入り口はこのためものの裏側になります」・・・

ちゃんと大きい字で書いてください。普通エレベーターのところにも書いておくでしょ。僕と同じようにボンディを探し迷う家族連れもいますよ!!

裏から回って店に入ります。土曜日の昼です。ランチに来たサラリーマンという風情の人は少なく、やはりボンディのカレーを食べに神保町にやってきました、とう人がほとんどに見えます。

注文したのは、やはり基本を押さえる為に「ビーフカレー」1,450円の辛口です。



まずふかしたジャガイモが出てきます。こんな風にイモが出てくる店が、特に欧風カレーの店で多いのですが、これはこのボンディが確立したスタイルなんだそうです。これで腹がいっぱいになってしまうという声もありますが。

純粋に、イモをどうやって食べようか考えると、この小さなスプーンで食べるのはいささか無理があります。バターナイフとしても塗りづらいし、バーターを塗るにしてもジャガイモを一口分切るにしても、イモを抑えておかなければならないからです。そのため、多くの人がここでジャガイモとの格闘を強いられるのではないでしょうか。やはり、切るにも塗るにも、まずはイモを固定することが必要。そのためにはフォークをつけるべきです。そしてバターナイフも用意して、それでバター塗りとイモのカットに兼用する。それが一番いいと思うので、ここで提案しておきます。



さて、カレーとライスが運ばれてきました。ライスにはチーズがのっています。これも欧風カレーの基本となっていて、このスタイルを踏襲する店も多いようです。チーズ嫌いな方には申し訳ないけれど、デフォルトでつくチーズの量としてはちょうどよいでしょう。隣で先に食べ始めていた女性二人連れは、「チーズカレー」を注文したようで、ソースポットの中に大量に入ったチーズの塊をもてあましていました。お気の毒でした。

さて、カレーの味です。色はもっと黒っぽいのを予想していましたが、思ったより明るい褐色でした。味は野菜とフルーツをあわせた甘みがけっこうありますが、期待したほどコクがありません。拍子抜けです。これでもか!というくらいの深いコクを期待していたんですが。肉は、別に煮て、出す直前にルーとあわせるようで、ルーと肉がなじんでない印象です。はっきり言いますと、1,400円出せば他の店ならもっとうまいカレーが食えそうな気がします。1,000円程度でこれよりコクがあり、具も美味しいカレーを出す店はたくさんあるんじゃないでしょうか。期待が大きかっただけに、思いっきり肩透かし食らった感じですが、「元祖」を体験したことは価値がありました。ごちそうさま!!

それにしても、高い料金を取りながら、みんなわざわざ食べにきてますから、単なるブランド信仰ではなく、この味に価値を認めてお客が集まっていると思います。ただ、今後10年20年を考えると、何かを変えていかなきゃジリ貧になっていくと思い、心配です。
【2007/08/26 22:26 】
| 欧風カレー | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<56番:「シャゴリカ」(浅草駅) | ホーム | 4番:「ザ・タージ」(赤坂見附駅)>>
コメント
欧風カレーで言えば、ボンディはあまり美味しい所ではありません。

四谷三丁目のオーベルジーヌは本当に美味しいですよ。

ボンディのようにぬるい、バイトが後合わせの具を入れた様なカレーと比べると可哀想ですが、


肉片まで漉して滑らかに仕上げたルーが出てきます。

欧風らしい気配りだと思います。

味はボンディの美味しい物に当たった
時の三倍増しが、いつも楽しめます(味も一定を保ってるのも評価出来ます)

まだでしたら、一度足を運ばれては如何でしょうか。
【2009/05/20 02:49】
| URL | you #- [ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://dokata.dtiblog.com/tb.php/80-6fb39580
| ホーム|